@ 教育目標

  ア  責任感、協調性、忍耐力、思いやりのある生徒
  イ  基本的な言語力と基礎学力を身につけ、豊かなコミュニケーションができる生徒
  ウ  健康で働く意欲のある生徒
  エ  社会自立・参加に必要な態度を身につけた生徒

 A 教育課程編成の方針

  ア 各学部、各学年の連携を図り、一貫性のある教育課程を編成する。

  イ 各教科、領域の基礎的・基本的な内容を精選して、指導の充実を図る。

  ウ 生徒の障害の状態や発達段階に即した指導が十分行われるよう弾力的に編成する。
    併せて個別の教育支援計画及び個別の指導計画を作成し、指導の充実が図れるように編成する。

  エ 生徒の実態に応じ、他校及び地域社会との交流活動が図れるように編成する。

  オ 社会自立・参加に必要な基礎的な知識・技能及び態度を培う指導の充実が図れるように編成する。

 B 各教科、各領域の指導の重点

   指導計画の作成と各学年にわたる内容の取り扱いに当たっては、次の事項に配慮する。

 ア 体験的な活動を通して的確な言語概念の形成を図り、生徒の発達に応じた思考力の育成に努めること。

 イ 生徒の言語発達の程度に応じて、主体的に読書に親しむ態度を養うように工夫すること。

 ウ 生徒の聴覚障害の状態等に応じて、指導内容を適切に精選し、基礎的・基本的な事項に重点を置いて
   指導すること。

 エ 個に応じたコミュニケーション手段(聴覚口話や手話・指文字等)及び共通のコミュニケーション手段(手話)
   を活用し、効果 的な学習活動が展開できるようにすること。

 オ 視覚的に情報を獲得しやすい教材・教具やコンピュータ等の情報機器を有効に活用し、
   指導の効果を高めるようにすること。

 カ 生徒の言語発達の程度に応じて、言葉による意思の相互伝達が活発に行われるように指導方法を工夫すること。

 
中学部
☆ 中学部の教育課程・日課表